さらりと過ごせるリネン生地を使おう【1日あれば簡単】

亜麻布で服を作る

布

素材が選べるメリット

リネンは繊維が丈夫で長く使える生地なので、洋服に使うにはもってこいの素材です。ただし天然繊維ゆえに、取り扱いに注意しなくてはいけない点もいくつかあります。まず水通しをして使っていい生地とダメな生地があるので、自分で生地から買って作る時はそこに気を付けなくてはいけません。しかも水通しをする場合は、生地から手作業で行う必要があります。また他の素材との混紡率によっても、まったく違った風合いや取り扱い方をしなくてはいけなくなるはずです。そこを知らずに使用すると、仕上がりで大きな差が出てしまいかねません。一方業者にリネン生地で服を作ってもらえば、こうした面倒な作業は一切いらなくなります。だいたいの製作費と用途を提示すれば、それに適したリネン生地をいくつか選ぶことが可能です。依頼主はそこから好みのリネン生地を選べばいいだけなので、後は特に面倒な作業をする必要もありません。またリネン生地は、作成した後の仕上げで他の素材と違った取り扱い方が必要になります。たとえば洗った後に天日干しにすると、色落ちや変色してしまうこともよくあります。業者に作成を依頼すれば、洗濯表示や取り扱い方法を記載したタグをつけてもらえるので購入後の取り扱いで困ることがありません。今後買った当初の品質を維持したまま使い続けるには、この洗濯表示がかなり役に立ってくれるでしょう。リネン生地は春夏の服や小物を作る上で欠かせない素材です。良い物を長く使い続けるためにも、サービスのいい業者を探して作成してもらうことが大切になります。

Copyright© 2018 さらりと過ごせるリネン生地を使おう【1日あれば簡単】 All Rights Reserved.