さらりと過ごせるリネン生地を使おう【1日あれば簡単】

オリジナリティーが出せる

選手

フットサルユニフォームはシャツとショーツ、ソックスの3つを揃える必要があり、公式戦に出場する場合は規定に従ったデザインであることが重要です。フットサルユニフォームをオーダーメイドで作成できるネットショップも多くあり、オリジナルのデザインで依頼することもできます。

詳しく見る

自分だけの服を作ろう

布

服は簡単に作れます

バブルの頃は大学生さえもスーツを着ていた時代です。が、今は自然素材のカジュアルな服装が主流の時代。企業のサラリーマンや公務員でさえもクールビズやウォームビズといったカジュアルスタイルが推奨される時代です。カジュアルスタイルといえば、服の素材も天然の生地、リネンやコットンが使われ、特にリネンは通気性が良く、吸水、吸湿性に優れた特性があるため、高温多湿の日本の気候によく合った着やすい素材として人気です。オーガニック素材の生地の服、というコンセプトのカジュアル服のショップを数多くあるほど、リネンの服は大人気なのです。リネンには、伸縮性がないため家庭用ミシンで縫いやすいという特徴もあります。カジュアルでざっくりとした服だと、直線縫いだけでお洒落な服を作ることも可能です。それらの背景が重なり、近年、リネンやコットンで作るソーイング本が多く出版されています。つまり、型紙やパターンだけを仕入れれば、好きな生地を使って自分だけのオリジナル服をが簡単に作れるのです。ソーイング本を買わずとも、パターンを数百円で販売しているサイトも多くあります。生地も手芸屋や日暮里の生地問屋街、ネット通販で簡単に手に入れることが出来ますし、家庭用ミシンも1万円台からありますし、3万円程のものであればソーイングの機能は十分に揃っています。夏用のゆったりしたワンピースやチュニック、襟のないものなどであれば、どんな初心者でも1日あれば簡単に作ることが出来ます。ぜひ、本やサイトでお気に入りのパターンを探して、自分だけのオリジナル服をリネンで作ってみましょう。

麻素材の注意点

手芸用品

他の生地に比べて色移り面では確かに気を使うリネンですが、使えば使うほど醸し出すナチュラルなシャリ感は他の素材の素材では出せないでしょう。また生地自体にシワが入りやすく使うほどに自分にフィットした型になるので、生地自体を自分で育てる、という感覚に近いのかもしれません。

詳しく見る

オリジナルのものが欲しい

選手

オリジナルのフットサルユニフォームをつくりたいと考えているフットサルチームの方はたくさんいます。最近はインターネットで簡単にオリジナルのユニフォームを注文できるサイトなども多数あるので、そのようなサイトを利用するのがおすすめです。

詳しく見る

亜麻布で服を作る

布

リネン生地は取り扱い方に注意する点が多いため、自分で作るより業者に作成を依頼した方が楽です。業者なら提示した予算内で適した素材を選んでくれるので、面倒な作業は一切する必要もありません。また取り扱い方のタグもつけてくれるので、それがあれば購入後のお手入れも簡単です。

詳しく見る

オリジナルデザインを製作

選手

フットサルはジュニアから、大人まで楽しめるスポーツなので、素敵なデザインのフットサルユニフォームの製作を依頼したい人が増加しています。専門業者を利用すると、セミオーダーやフルオーダーに対応をしてくれます。

詳しく見る

Copyright© 2018 さらりと過ごせるリネン生地を使おう【1日あれば簡単】 All Rights Reserved.